So-net無料ブログ作成
検索選択

ワセリンで唇に副作用が?100%安全な訳ではないワセリンの裏側 [ワセリンの副作用]

ワセリンは安全な保湿剤、保護剤と言われ
リップクリームがわりに唇に塗っている人も
多いですよね。
ですが、ワセリンにだって副作用はあるんです。

今回は、意外と知られていない
ワセリンの唇への副作用について
書いてみたいと思います。


スポンサードリンク




ワセリンは100%安全ではない



ワセリンは非常に安全で、
肌への刺激がない保湿剤、潤滑剤として使えるため
顔や唇にも安心して塗ることができます。

ですが、どんなに安全だと言われていても、
健康な肌や唇にとっては異物でしかありません。

肌や唇にとって、一番安全なのは
「何もつけない」ことなのです。
このことをよく覚えておきましょう。


スポンサードリンク




ワセリンの唇への副作用とは



では、ワセリンを唇へ塗ったときの副作用には、
一体どのようなものがあるか、
以下に挙げていきます。


・強い紫外線を浴びると日焼けする

日常紫外線であれば、唇に塗っていても問題ありません。

ですが、ワセリンは油ですから
夏の強い紫外線を長時間浴びるときや
海や山など、強い紫外線にあたる場所に
行くときなどにワセリンをつけていると、
日焼けはしやすくなります。


・つけすぎると逆効果

これは、肌につける時も同じですが、
つける必要のない健康な唇にワセリンをつけすぎると
先ほど書いたように異物扱いされてしまうため、
かえって唇が荒れてしまいます。

健康な唇にはできるだけつけない、
つける場合は少量をつける、
という事をこころがけるようにしましょう。


いかがでしたか?

唇にも安全と言われるワセリンですが、
つける必要のない唇につけると
かえって荒れてしまうこともあるのです。

保湿や保護が必要という場合にのみ使うようにして、
つけなくても良さそうなら
つけないで様子を見るのが一番おすすめです^^



以上、「ワセリンで唇に副作用が?
100%安全な訳ではないワセリンの裏側」
でした!


スポンサードリンク



タグ:ワセリン
トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。