So-net無料ブログ作成
検索選択

ベビーワセリンは乳児湿疹やオムツかぶれに有効?塗る時に知っておきたい注意点とは [ワセリンの使い方]

ベビーワセリンが乳児湿疹やオムツかぶれに
効果的、と言われていますが、実際は賛否両論。
本当のところは、ベビーワセリンはどうなのでしょうか。

今回は、ベビーワセリンが
乳児湿疹やオムツかぶれに効果的なのかどうか、
について書いてみようと思います。


スポンサードリンク




ベビーワセリンって何?



ではそもそも、ベビーワセリンは
普通のワセリンとどう違うのでしょうか?

肌への安全性はどうなのでしょう?


このブログで何回も書いていますが、
ワセリンにはいくつかの種類があります。

その中で比較的不純物が少ないのが白色ワセリン。

ベビーワセリンはこの白色ワセリンの一種です。


「ベビーワセリン」は健栄製薬が出している
ワセリンの商品名。

赤ちゃんにも使えるように
白色ワセリンの中でも
不純物を少なくして作られており、
やわらかく、のびがいいのが特徴です。

0歳児から使えるワセリンという事ですから、
赤ちゃんの肌に使っても問題ありません。


スポンサードリンク




ベビーワセリンは乳児湿疹やオムツかぶれに効果的?



では、ベビーワセリンは本当に
乳児湿疹やオムツかぶれに効果的なのでしょうか?


結論から言うと、

効果はある

と言えます。


乳児湿疹の改善には
ワセリンで保護をすることが有効。

ワセリンをあらかじめお尻に塗っておけば、
その保護効果でオムツかぶれの予防にもなりますし、

オムツかぶれが起こった後に
それを悪化させないように塗っておくのにも使えます。


ワセリンを赤ちゃんの肌に塗るなんて大丈夫?
と心配に思うママもいると思いますが、
ワセリンは安全なもの。

その中でも安全な白色ワセリンから、
さらに不純物の少ないベビーワセリンは
乳児湿疹やオムツかぶれに使えます。


ただし、注意点があります。

まず、いくら安全なワセリンといっても
健康な肌にとっては異物です。
肌の状態が良い場所には塗らないでください。

そして、塗る場合にはつけすぎないこと。

ワセリンは温めるとよくのびますから、
ママが手のひらで温めてのばしてから
手のひらを押しつけながら塗ってあげてください。


さらに、赤ちゃんが特別乾燥肌だったりする場合は
ベビーワセリンよりも精製度が高く、
医療用としても使われている
「プロペト」や「サンホワイト」を
使うようにする方が安全です。

皮膚のトラブルを持っている赤ちゃんには、
塗る前にお医者さんに相談してみることをおすすめします。


以上、「ベビーワセリンは乳児湿疹やオムツかぶれに有効?
塗る時に知っておきたい注意点とは」
でした!


スポンサードリンク




タグ:ワセリン
トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。