So-net無料ブログ作成
検索選択

赤ちゃん用のワセリン選び!市販品のおすすめ3選はコレ [ワセリンの知識]

赤ちゃんの肌につけても安心と人気のワセリン。
ですが、赤ちゃん用にはどれが安心なの?と
多くの市販のワセリンの中で迷ってしまう人も多いはず。

今回は、赤ちゃんにも安心して使える
市販のワセリンについてまとめてみました^^


スポンサードリンク




ワセリンの種類をおさらい



まず、ワセリンとは石油を蒸留したときに
残ったものからとれる油をさらに精製したものです。


ここから先の精製度によって
ワセリンは4つの種類に分かれます。

・黄色ワセリン
・白色ワセリン
・プロペト
・サンホワイト

です。

黄色ワセリンが一番精製度が低く(不純物が多い)
サンホワイトが一番精製度が高い(不純物が少ない)
ということ。

もちろん、肌につけるものですから
精製度が高く、不純物が少ないものが一番安心。

一般的には肌の乾燥防止、保湿など
肌につける目的で購入する場合は
白色ワセリン以上がすすめられています。

黄色ワセリンも肌につける目的で
市販されていますが、
デリケートな赤ちゃんの肌には
白色ワセリン以上がおすすめです。


スポンサードリンク




赤ちゃんにおすすめの市販ワセリン



では、ここからは具体的に
赤ちゃんにおすすめの市販のワセリンを
見ていきましょう^^


総合的に考えて一番おすすめなのは
健栄製薬さんの「ベビーワセリン」

babyw.jpg

ベビーワセリンは白色ワセリンの一種。
他の白色ワセリンと違う精製法で作られており、
より不純物が少ないそうです。

0歳児の赤ちゃんの肌にも安心して使える、
というコンセプトで作られていますから
肌にのばしやすいやわらかさなのもいいですね。

ベビーワセリンは一般的な薬局やドラッグストアはもちろん、
場所によってはコンビニでも売られていて
広く市販されているので手に入りやすく、
何といってもお手ごろ価格なのがうれしいです!

赤ちゃん用にはもちろん、ママの手肌の保湿にも
一緒に使えますから
コスパがいい方がいいですよね^^


次におすすめなのが「プロペト」

puropetow.jpg

いくつかの会社から市販されているので、
「プロペト」と書かれているものを
選べば間違いありません。

プロペトは、白色ワセリンよりも
純度が高く、不純物が少ないです。

医療用の薬としても使われており、
小児科でも処方されているので
安全性は折り紙つきです。

肌が弱い赤ちゃんや、
一般的なワセリンでは心配な場合には
プロペトを使うと安心ですね。

ただ、プロペトは薬局やドラッグストアの
どこにでも置いてある訳ではありません。

確実に購入したいなら、
ネットで買うのがいいでしょう。


最後に「サンホワイト」

sunwhitew.jpg

これは、上で書いたプロペトよりも
さらに精製度が高く、不純物が少なく安全性が高いので、
一番おすすめではあります。

これが使えればベストではありますが、
難点はプロペトと同じように購入しにくいのと
お値段が高いこと。

精製度が高いということは、
それだけ作るのに手間がかかっていますから、
お値段もその分高くなってしまうのです。


皮膚トラブルなどがなければ、
上にあげた「ベビーワセリン」で
全く問題ありません。

赤ちゃんの状態を見ながら
選ぶようにしましょうね^^



以上、「赤ちゃん用のワセリン選び!市販品のおすすめ3選はコレ」
でした!


スポンサードリンク



タグ:ワセリン
トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。