So-net無料ブログ作成
検索選択

ワセリンの使い方【マラソン編】 選び方と塗る場所まとめ! [ワセリンの使い方]

ワセリンの使い方として、意外と知られていないのが、
マラソンのときに使う方法。
フルマラソンなど長い時間走っているときに、
肌の摩擦などを防ぐ効果があるんだそうです。

今回は、ワセリンのマラソンでの使い方、
選び方についてまとめてみました。


スポンサードリンク





マラソンに使える、おすすめのワセリンの種類、選び方



ではまず、マラソンで使うワセリンの種類から
書いていきたいと思います。

ワセリンを始めて購入する人は、
その種類の多さに驚き、選び方で迷うはず。


マラソンで使うときには直接肌に塗るため、
肌への負担がかかりにくいものを選びましょう。

肌への負担が少ないワセリンの種類として
具体的に言うと、

・白色ワセリン
・プロペト
・サンホワイト

の三種類となります。


この三種類の中で一番手ごろな値段で
買いやすいのは白色ワセリン。

「白色ワセリン」という名前で販売されていたり、
ベビーワセリン」「白色ワセリンソフト」という
商品名で販売されていたりします。

選び方で迷ったときには、裏の成分表を見てみましょう。
「白色ワセリン」と書いてあればOKです。
(白色ワセリン以外の成分が多いものは
避けた方が無難です)


プロペト、サンホワイトは白色ワセリンよりも
精製度が高いのでより肌にやさしいですが、
やや値段が高く、手に入りにくいのが難点。

よっぽど肌が弱い人でない限り、
白色ワセリンで問題ありません。


スポンサードリンク





ワセリン、マラソンでの使い方



では、実際にワセリンをどのように
マラソンのときに使うかを
具体的に書いていこうと思います。


・こすれ、摩擦防止

一番大きい使い方はコレです。
マラソンは長い時間走るため、
普段は気にならない衣服と肌、
肌と肌の摩擦がダメージになってしまいます。

なので、走る前に摩擦が気になる部分に
ワセリンを塗っておくのです。

多くの人は、乳首(男性)、股間、
足の裏、足の指の間、脇のまわり、
股の付け根、などに塗っているようです。
他にも、気になる場所にはつけておきましょう。

・防水

ワセリンは油分ですから、水をはじきます。
なので、肌に塗っておくと
雨などをはじいてくれます。

雨天の中のレースや
雨が降りそうな場合には
腕や足に塗ると水濡れによる
体温低下を防げます。

・防風

意外かもしれませんが、
ワセリンを肌に塗っておくことで
直接風を受けなくてすむので、
これだけで体感温度が少しだけ高くなります。

寒い時のレースには塗っておくと安心です。



以上、ワセリンはマラソンに3つの使い方がありました。

摩擦だけではなく、防水、防風効果もあるとは驚きですが、
塗っておくだけで快適に走れるのですから、
是非塗る範囲を広げてみてはいかがでしょうか?


以上、「ワセリンの使い方【マラソン編】
選び方と塗る場所まとめ!」
でした!


スポンサードリンク




タグ:ワセリン
トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。