So-net無料ブログ作成
検索選択

ワセリンの顔への塗り方!量は少なく、押しづけするのがベタつかないポイント [ワセリンの使い方]

ワセリンは顔の保湿にいいと聞くけど、
ベタベタして使いにくい・・・。
そう思う人は量と塗り方のコツを知らないのかも。

今回は、ワセリンを顔に塗る場合の
塗り方と量について解説していきます。


スポンサードリンク





ワセリンは少量でいい



ワセリンは油分です。

油の性質として、「温めるとのびる」
というものがありますが、ワセリンも同じ。

ワセリンも

「温めるとのびる」

のです。

ワセリンを肌につけるときには、
これをよく覚えておいてください。


ワセリンを顔につけて
「べたつく」と感じる人は塗り方以前の問題で、
塗る量が多いのです。

当たり前ですが、
人間には体温がありますから
ワセリンを手にとる時と
肌にのせた後には
体温でワセリンがのび、なじみます。

ワセリンを広い範囲に塗ろうとする時、
ついつい量を多く手に出してしまいがちですが
温めたあとのびることを考えると
もっと少量でいいのです。


ワセリンは肌への悪影響は少ないと
言われていますが、
それでも肌にとっては異物です。

つけすぎると肌荒れやかぶれの
原因になりますから、
少量にとどめておくようにしましょう。

ほんの少しでも、ワセリンの効果は
きちんとはたらいてくれますから。


スポンサードリンク





ワセリンを顔への塗り方と量



では、実際に顔にワセリンをつけるときの
塗り方と量を解説していきます。


【顔全体の保湿をしたい場合】

手のひらに、米一粒程度の大きさ
ワセリンを出します。

両手のひらを合わせてワセリンを温めながら広げた後、
手のひらを頬に当てて、押してつけます。

この時に、ワセリンを擦りこんだり
手を上下左右に動かすのはNG。

手と顔の熱で温めながらワセリンを
なじませる感じで。

頬についたら別の箇所に
手のひらを移動させて
同じように押しながらつけていきます。
(ワセリンは足さなくてもOK)

つけた直後は「少ないかな?」と思うかもしれませんが、
だんだんとなじんでくるので少ないぐらいが丁度いいです!


【顔の一部だけにつけたい場合】

人差し指に米粒半分ぐらいのワセリンをのせ、
両手の人差し指と中指で温めながらのばします。

上と同じように、人差し指と中指を
ワセリンをつけたい場所に押し当てればOK。

つけたい場所の広さによってワセリンの量は
調節してかまいませんが、つけすぎはNGです。
あくまでも「ちょっと少ないかな?」と思うぐらいが丁度です。


いかがでしたか?

ワセリンを肌につけるときのポイント

「少ない量で」
「あたためてから」
「押しながらつける」

これがとっても大事です!!


ワセリンがべたつく、と敬遠していた方も、
是非この塗り方と量を参考に
もう一度トライしてみてくださいね^^


以上、「ワセリンの顔への塗り方!
量は少なく、押しづけするのがベタつかないポイント」
でした!


スポンサードリンク





タグ:ワセリン
トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。