So-net無料ブログ作成
検索選択

白色ワセリンとプロペトの違い!肌状態や塗る場所によっても使い分けたい [ワセリンの知識]

最近話題になっているワセリンですが
その中でも白色ワセリンとプロペトと言う種類があり
違いが良く分からない、という人も
いるのではないでしょうか。

そこで今回は、
白色ワセリンとプロペトの違いについて
解説していこうと思います。


スポンサードリンク





白色ワセリンとは何か



ではまず、何回か書いていますが
白色ワセリンとは一体どういうものか、
簡単に解説します。

ワセリンとは石油を蒸留したときに
残ったものからとれる油をさらに精製したものです。

ここから普通にワセリンを作ると
「黄色ワセリン」が出来上がりますが、

「白色ワセリン」は黄色ワセリンよりも
精製度、純度が高いものを言います。

つまり、比較的不純物が少ないワセリンです。


白色ワセリンはドラッグストアや薬局で
簡単に購入できます。

成分に「白色ワセリン」と書いてあったり、
「白色ワセリン」という名前で販売されているので
すぐに分かります。


スポンサードリンク





白色ワセリンとプロペトの違い



では、もう一つのワセリン、
「プロペト」とは一体どういうものなのでしょうか。

プロペトとは、

白色ワセリンをさらに精製したもの。

プロペトは不純物が少なく、
その精製度の高さから医療用としても認められています。

皮膚科でも薬として処方されるぐらい、
安全性の高いもの。

肌がもともと弱い方、敏感肌の方は
白色ワセリンよりも
プロペトを使うことをおすすめします。

さらに、目の近くやデリケートな部分に塗りたい場合は、
不純物の少ないプロペトを使う方が安心ですね。


という訳で、

白色ワセリンとプロペトの違いは、

精製度の高さの違い

でした。



いかがでしょうか?

用途や肌の状態によって
使い分けるといいですね^^


以上、「白色ワセリンとプロペトの違い!
肌状態や塗る場所によっても使い分けたい」
でした!


スポンサードリンク




タグ:ワセリン
トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。