So-net無料ブログ作成
検索選択

ワセリンとは一体何?意外と知らない白色ワセリンとは、ベビーワセリンとは、もまとめて解説! [ワセリンの知識]

ワセリンという言葉やモノは知っているけど、
ワセリンとは何か、何から出来ているかを
知っている人は意外と少ないもの。

この記事では、ワセリンとは何か?
さらにそこから派生して
白色ワセリンとは、ベビーワセリンとは、
についても解説していきたいと思います。


スポンサードリンク





ワセリンとは何か



では早速、
ワセリンとは一体どういうものか、
解説していきましょう。


ワセリンは石油を蒸留したときに
残ったものからとれる油をさらに精製したもの。

石油を作る過程で残ったものから
できている、ときくと
健康に悪影響を及ぼすような
イメージを持ってしまいますが、

実際は人間の肌への安全性は非常に高いです。


皮膚科医の間では肌を保湿したり
保護するものとして
安全に使えるのがワセリン、
というのは常識中の常識だそう。
(皮膚のトラブル時に皮膚科に行くと、
ワセリンを処方される事も多いですよね)

ではなぜ、ワセリンはそこまで安全なのかというと、
多くの油は空気に触れる
すぐに酸化を始めるのにたいし、
ワセリンは酸化するまでに数年かかり、
劣化しにくいのです。

そして、ワセリンは皮膚にしみこんでいきにくい

という事は、ワセリンはほぼ劣化せず、
肌に悪影響を与えることなく
肌の外側にとどまり続けてくれる。

こういう理由で、
ワセリンとは安全に肌を守ってくれる
便利なアイテム
ということになるのです。


スポンサードリンク





白色ワセリンとは、ベビーワセリンとは



ワセリンがどんなものかは分かったけど、
巷で色々言われている
白色ワセリンとは何か、
ベビーワセリンとは何か、
という事も分からないですよね。

これに関しても一つずつ説明しますね。


まず、白色ワセリンとは、

ワセリンの純度が高いものを言います。

ワセリンはその精製度、純度によって
大きく分けて「黄色ワセリン」
「白色ワセリン」に分かれています。

この二つのうち、より精製度が高く、
ワセリンの純度が高いもの(不純物が少ないもの)が
白色ワセリンです。

黄色ワセリンを肌につける事に問題はありませんが、
肌が弱い人や不純物が少ないものがいい、という人は
「白色ワセリン」と書かれているものを
選ぶ方がいいですね。
(薬局で簡単に買うことができます)



では次に、ベビーワセリンとは。

ベビーワセリンとは、

白色ワセリンの一種で、
健栄製薬から出されている
ワセリンの商品名です。


ベビーワセリンはコレ。
babyw.jpg


健栄製薬さんによると、
他の白色ワセリンに比べて、
「ベビーワセリン」はより不純物が少ない作り方をしている、
ということらしいです。

そして、やわらかく作ってあるので
赤ちゃんにも使いやすい、という理由で
「ベビーワセリン」という名前で
販売しているようですね。

白色ワセリンで不純物が少ないのであれば、
実際に赤ちゃんに使っても問題はないでしょうし、
もちろん大人でも使えます。


いかがでしょうか?

意外と知らないワセリンとは何か、
これで理解していただけたら嬉しいです^^


以上、「ワセリンとは一体何?
意外と知らない白色ワセリンとは、ベビーワセリンとは、もまとめて解説!」
でした!


スポンサードリンク




タグ:ワセリン
トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。